簡単作成可能なラベル印刷のコツ

現在の印刷の多くは複合機を使用する企業が多くなりました。そこでラベル印刷に苦労している人が増えているのです。ただ、必要以上に難しく考えることはありません。コツさえ理解しておけば簡単に作成できます。もちろん、使用するプリンターによって細かいメニューや設定は違います。しかし、チェックしなければならない項目は変わりません。大量のラベルを印刷する機会が多い職場であれば、コツをしっかり新人にアドバイスしておきましょう。意外とあなたよりも新人の方が詳しいかもしれません。パソコンを使って印刷している人ならよくわかっているからです。用紙のセットの方法、印刷メニューの設定方法などを確認してください。メーカーのメニューはわかりにくいですが、コツを押さえておけばいいのです。

給紙方法を間違えないようにする

ラベル印刷では給紙方法がポイントの一つです。具体的に考えてみましょう。まず、通常のコピーのための紙を入れたままの状態で使用することが多いですから、手差しトレイを使って印刷することが一般的です。複合機によっては手差しトレイの場所がわからなかったり、メニューで手差しトレイの選び方がわからないこともあります。使用するトレイを選んだら紙の質を選びます。ラベルの項目がない場合は普通紙でいいでしょう。また、紙を装着する方向を確認します。縦向き、横向きなど、設定を間違えるとうまく印刷できません。しかし、すべての項目は操作パネルだけで済みます。特別なマニュアルを読まなければわからないことはほとんどありません。それだけ簡単な仕組みになっていると言うことでしょう。

印刷時の設定で確認すべきことは

印刷をする時にはメニューで必要な項目を設定しなければなりません。ラベル印刷のメニューがある機種ならその中から必要項目をチェックしましょう。紙のサイズはA4が一般的ですが、一つ一つのラベルサイズは異なります。また、余白やラベルの間隔も異なります。自分が準備したラベルのサイズを確認しましょう。職場で使用する時にはいつも同じ用紙を購入するようにしておき、設定の仕方も同じにすることが間違いを起こさないポイントです。一度設定しておけば、毎回設定をし直す必要はありません。プリンターに記憶させておくことができるはずです。その際には誰でもわかるような名前を付けておきましょう。ラベルの型番とそれを印刷する時の設定であることを明示するのです。誰でもが迷わずに印刷できることが重要です。