おすすめ方法とコツを把握できるラベル印刷

郵便物などに貼り付けるためのラベル印刷は多くの会社で行われていますが、大量に印刷する場合でも一つずつの内容が異なるため、非常に神経を使う作業となっています。もちろん、印刷そのものはパソコンとプリンターがやってくれますから簡単そうに見えますが、コツを把握しておかないと失敗ばかりしてしまうのです。おすすめ方法としてはラベル用紙のメーカーが提供しているテンプレートを利用することです。表計算ソフトで作成した住所録とメーカーのテンプレートをリンク付けることによって、ほとんど設定をすることなく印刷をすることができます。毎回設定を変える必要がないため失敗もほとんどありません。使用するラベル用紙を限定することで可能となる方法ですが、いくつかのパターンを設定しておけば、それを応用することができます。

ラベル印刷にはテンプレートが便利

ラベルメーカーは自社の製品を購入してもらうために簡単に印刷できるテンプレートを準備しています。A4シートの余白やラベルとの位置関係があらかじめ設定されているため、自分で確認しながら設定する必要がありません。当然ながら間違いもありません。その代わり、テンプレートでは利用できるパターンが少し制限されるため、バラエティに富んだラベルを作るなら、自分ですべて制作した方が確実でしょう。業務として使用する場合にはテンプレートで十分なのです。使用するラベルによってはいくつかのテンプレートが提供されている場合もありますから、事前に最適なものを選んでおくことです。ただ、一度使用することに決めたテンプレートは社内で共有して、誰でも同じ手順で印刷できるようにしておきましょう。

ラベル印刷の対象用紙を限定する

テンプレートが決まったところで使用する用紙も限定されます。もちろん、使用用途によって変わることは避けられませんが、一つの職場で2、3種類程度でしょう。頻繁に印刷するのであればあらかじめ買い置きしておくことをおすすめします。そうすれば用紙がなくなって慌てることもありません。急に別の用紙に印刷しようとして失敗するのはよくあるパターンです。単なるラベル印刷と思っているかもしれませんが、日頃からの準備が作業効率に直結します。どのような時でも確実に印刷できる準備をしておきましょう。手作業によって印刷することもできますが、そのコツを習得するには時間がかかり過ぎます。すでに使用されているコツを積極的に再利用することが、いろいろな仕事をスムーズに進める基本となります。